女性との接し方を体験的に学んだアマチュア劇団の話②

前回からの続きとなります。劇団に入ってくる女性で「芝居がやりたいから」。という理由の人はだいたい1割でした。

入ってくる理由ランキングです。

1位:彼と別れたばかり 理由:夜1人になりたくない

2位:家庭に問題がある 理由:自分の居場所をみつけたい

この2つです、少なくてごめんなさい。

彼と別れたばかりの女性は夜1人になると、どうしようもない寂しさが襲ってくるのに耐えられないんですね。

集団の中にいれば気が紛れて、その時だけは寂しくなくなるからです。

家庭に問題がある子は、家にいたくないみたいでした。友達もできるし、やはりその時だけは寂しくなくなるからです。

やはり人間て、寂しさ、孤独に耐えられないんですね、特に女性はそうみたいです。

さて、これだけ女性が多い環境で、芝居の稽古を一緒にやるわけですから、当然、女性との接し方が経験的に分かってきます。とにかく一番大事だと思ったのは

同じ目線で

上からでもなく下からでもなく、目線は同じ。そしてカッコつけないで、素の自分をだし人間味をみせる。言葉にすると”親しみやすさ”ということになります。

これが凄く大事なんですね。偉そうだったり、カッコつけたり、卑下していたいりすると、簡単に女性に伝わります。女性は本能的に、その男性の本質的なものを感じとるんですね。

わたしも劇団に入団したばかりの頃は、とてもとてもカッコつけていました。しかし、人間関係に苦しみ弾けてスーパーサイヤ人に大豹変してからこのことがわかりました。
スーパーサイヤ人に豹変した話は、またの機会に書きたいと思います。

親しみ易さというのは、物事の言い易さに繋がります。物事言い易いというのは、「この人だったら話を聴いてもらえる」に繋がります。

劇団のNO2というポジションだったわたしには、劇団の女性から相談を沢山もちかけられました。しかし、女性の

「相談があるんです」

という言葉を額面通りに受け取り対応すると

「相談なんかするんじゃなかった」

と、怒りをかって終わりです。女性の「相談があるんです」。と言う言葉は、わたしには違う言葉に聞こえてました。

続きはまた次回に書きますね。

↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変有難いです
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村

カウンセリングランキング

脳科学ランキング
ブロトピ:更新しました!
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
ブロトピ:ブログを更新しました!
ブロトピ:今日のブログ更新

恋愛,

Posted by kosibamasaru