愚痴聞きサイトを始めようと思った訳

2019年1月24日

私が愚痴聞きサイトを始めようと思った理由の一つに、同業者で聴ける人が極端に少ないということがあります。

以前私は「10分 300円 愚痴聞き」サイトの利用者でした。それは、有料でもいいので自分の話をただただ真摯に聴いて欲しかったからです。

しかし実際に利用してみると、本当に傾聴の姿勢を身に着けているのは稀で「聴いてくれる」と思う人は極端に少なかったです。

10人に電話して1人位の確立でした。

つくづく感じたのは”話を聴く”ということを実に簡単に考えている人が多すぎるということです。

スタッフを養成するのは、10分300円の愚痴聞きの世界では私のサイトだけです。

他のサイトの運営者、経営者は傾聴を軽んじて、1~2回程度話しただけですぐにスタッフとして採用してしまい現場に出してしまいます。

利用者様に満足してもらおう、少しでも良いものを提供しようという気持ちが微塵もないからですね。

傾聴を真摯に勉強すれば、そんなに簡単に現場にスタッフを出せるわけがありません。

私のサイトは、傾聴を真摯に学んで、今も継続的に傾聴、カウンセリング、脳の生理学を学び続けている私、小柴が運営しております。

そして探求心・向上心を持ち、少しでも利用者様に喜んでもらおうという気持ちを持っている女性スタッフ2名で運営しております。

「本当に聴いてくれるのだろうか?」「こんな話をして変な人だと思われないだろうか?」という不安をお持ちの方は、是非、代表小柴の初回無料30分をご利用いただければと思います。

きっと、自分の気持ちや本音を話すことで、こんなにも気持ちが軽くなるんだ~っということを体験していただけると思います。