愚痴聞き、電話通話料無料優しさの森・代表小柴が初回30分を無料にしているわけ

「愚痴聞き・話相手・10分300円」の世界で初回30分無料(代表、小柴限定)をしているのは当サイトだけです。

なぜわたしが、初回30分無料を取り入れたのか?正直に書いてみたいと思います。

①第一の理由

愚痴聞きサイトを始める前から漠然と

「初回は何分くらい無料にしようかな~・・・」

と考えてました。同業者が、10分~15分の無料時間を設けているのも知っていました。でもいかにせん、10分~15分と言うのは短すぎると思っていました。

緊張感がとけてきて、さあ喋り始めようというタイミングで「ここから有料です」。というのは、なんとなく自分は気がひけたのです。

初回無料60分も考えました。60分もあればかなり話ができるのではないか?利用者様の苦しさ、辛さも少しは緩和できるのではないか?と考えました。

しかし、無料60分では、自分の気持ちが続くのだろうか?と思いました。どうせ無料だからと、聴き手であるわたしの緊張感が緩み、集中して聴けなくなる可能性もあると思いました。

そこで利用者様の話した感と、自分の集中力を思慮して30分という時間設定にしました。

②第二の理由

お試しの時間と考えています。わたしも愚痴聞き・話相手サイトの利用者でした。その時に、どれだけ嫌な目にあったことか!話を聴ける人がほとんどいないのが実情です。

この業界では老舗のサイトのSさんという女性は、自分が彼氏にふられた話を延々とわたしに聴かせました。今のわたしだったら即、説教ですが、その時のわたしはまだ大人しく、相手が話し始めたら聴いてしまっていたのです。

優しさの森に電話してくれる利用者様もきっとそういう嫌な目にあっているに違いないと思いました。

話を乗っ取られ、延々と話を聴かされても、利用した時間の料金はしっかりと取られる。理不尽な話でも強気にそれを相手に伝えることもできない・・・。

結局泣き寝入りすることになり、嫌な思いをしてお金まで取られる・・・。そういう葛藤がきっとあると思いました。

でも、そこに無料30分があれば、わたしが聴けるか聴けないか判別できるし、聴けないと判断すれば無料枠で電話を終了すればいい。利用者様の金銭的負担はなくなると思いました。

③最後に

愚痴聞き・10分・300円の業界は本当にいい加減な業者ばかりです。わたしは利用者の立場でもあるので、それを実感しています。

「家にいながら話相手をすればお金になるからいいや」

こういう考えでやっている人が9割以上です。当然、そこには向上心などはなく話を聴くということがどういうことか、理解している人もいません。

わたしのサイトは今も学び続けているわたしと、向上心を持ち続けている女性スタッフ二人で運営しております。利用者様は安心して”優しさの森”をご利用していただければ幸いです。

↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変有難いです
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 科学ブログ 脳科学へ
にほんブログ村

カウンセリングランキング

脳科学ランキング